アーカイブ

#49 何で筋トレしてるんですか?

「何で筋トレしてるんですか?」というセリフに対して、不快な思いをする人もいるようです。「何で自転車乗ってるんですか?」「何で登山をするんですか?」という質問と、本質的に何かが違うんでしょうか。

確かに「そんなに鍛えてどうするの?」というセリフに、もしかしたら、(役に立たないでしょう?)という意味を含めている人もいるかも知れません。しかし、先ほどの例に挙げた自転車であろうと登山であろうと、同じようなことはあると思います。

「健康のため」「スポーツのため」「試合で勝ちたい(ボディメイクやリフティング)」「変化(筋量や筋力など)にやりがいを感じる」「余計なことを考えずに集中出来る」「気分転換になる」「モテたい」「今の自分を変えたい」「ライバルと切磋琢磨したい」…

適当に思いつくものを挙げてみましたが、もっと色々あるでしょうし、そもそも「何のために」といちいち考えることでもないかも知れません。

本でもテレビでも映画でも、「何で面白いんやろう」と分析することも、「面白いものは面白い」と受け入れることも、その他、どれでもいいはずです。

思い返してみると、子供の遊びなんて大人からしたら、「何がおもろいねん」みたいなこともあるでしょうし、大人になってフィットネスクラブの業務終了後、みんなでトレーニングして騒いでいる姿を、「何が楽しいねん。アホやでな。」と、クラスメイトの女子みたいな目線を送る人もいるでしょう。

筋トレとか身体を動かすことだと、健康増進だとか、◯◯予防だとか、それらしい理由を挙げることも出来るかも知れませんが、「いや面白いからやってんねん」で済ます程度の話だと思います。

「そんなに勉強ばかりしても、社会では役に立たない」「スポーツばかりして将来どうするの?」「勉強もスポーツも頑張るって中途半端やな」とか、結局何をしていても、何かしら否定したがる人はいるわけですから、やっぱり「いや面白いからやってんねん」で済ます程度の話かなと思います。

そりゃもちろん、筋トレを真剣に行うというのは、体力的にも精神的にも負荷がかかりますし、コンディショニングを考えると、かなり色々なことを考えたり、勉強したり、実践する必要があります。

これは、経験者であればわかることでも、そうでない人からしたら、「知らんがな案件」ですね。これは自分が興味ないことや理解出来ないことなら、同じように思うかも知れません。

「知らんがな案件」すぎて面白いということはあるかも知れませんが、自分自身が楽しんでいることを、無理矢理それらしく後付けして意味を考える必要はないように思います。もちろん考えてもいいわけですけど。

「昆虫を捕まえて家で飼う」「自転車に大きなベルをつけて鳴らす」「秘密基地をつくる」…何がおもろいねんみたいなことの延長は、たくさんあるかも知れません。

それが筋トレというつもりはないですけど、何でもそれらしい理由をつけようとすると、面白くなくなるかも知れません。このブログも何のために書いてるのか真剣に考えてたら、止める選択肢しかないです。

気をつける必要があるとすれば、指導者であるとすれば、万人に必要で効果的なものだと考えて、その価値を押し付けるようなことは、避けた方がよいと思います。

【参考記事】

#10 筋トレで鍛えた筋肉は使えない?

#12 ボディビルダーはライブで観るべし

#47 みんなトレーニングをすべき?

スポンサーリンク
ブログ用PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ用PC